FC2ブログ

小泉満惠hayanehayaoki

mitsue♥early to bed and early to rise

カテゴリー "陶芸" の記事

教室開講のお知らせ***

磁器 手びねり教室開講のお知らせです。
繊細な磁器土で作る手びねりは、とても魅力ある世界です。
磁器土は、乾燥から素焼き、釉かけ、本焼きまでの工程にゆっくりとした時間がかかります。
そのため、本焼きで焼きあがったときの喜び、楽しさには大きなものがあると思います。

お問い合わせは小泉まで。 **090-9528-5656
             **koi_mit@mac.com

惠 月陶芸教室 (1)


スポンサーサイト

手びねりシリーズ

P1015698_convert_20140901180350.jpg
P1015701_convert_20140901180415.jpg

2014,7,個展作品から
手びねりシリーズ;;;白マット片口

庭の花:::夏の終わり

IMG_1700_convert_20140828221436.jpg
IMG_1704_convert_20140828193643.jpg


器のお客さまが来られるので、庭の花々を飾った。
自然のものは、移り行き、繊細にいろいろな表情を見せてくれる。
***********とても素直********

ピリ来るけど。

IMG_1697_convert_20140829082512_convert_20140829083005.jpg
IMG_1698_convert_20140829082532_convert_20140829083031.jpg


つなぎ目がすぐ、ピリ来て、お手当をしながらの乾燥。
完成確率が低いけど、久々に挑戦している。

モーニングデッシュ

IMG_1681_convert_20140829083512.jpg


無印良品 磁器仕切角皿 <25×18×2>を購入。
私にはとても作れない優れもの。モーニングデッシュにピッタリ。
庭のトマトを並べると笑顔になった。

北海道陶芸会展

雨の中、会展の搬入。無事納まって安堵〜〜〜。
ご来場をお願いいたします。
IMG_1563_convert_20140805183914.jpg
深海シリーズ
IMG_1574_convert_20140805183844.jpg
ふぐ掛け花^^^^^本人は、河豚のつもりだけど餃子にも見える<笑>

飯碗のロクロ挽き

IMG_1552_convert_20140803144951.jpg
IMG_1554_convert_20140803145022.jpg
高台が太めの飯碗だから、絞りきらないで糸切りをする。
いろいろと忙しかった。久しぶりのロクロ挽き。

深い海の色

IMG_1539_convert_20140801060157.jpg
新しい作品は深い海の色をイメージ。
緑の石の上に置いて遊んでみた。
北海道陶芸会展<丸井Dにて8月6日〜>に出品します。

個展終了

IMG_1520_convert_20140727200402_20140727201638b75.jpg
おかげさまを持ちまして個展が無事終了。
時々お客様が来られて^^^^ほとんどの時間はボーッとして^^^^^。私らしい6日間でした。

個展会場

IMG_1529.jpg
さいとうギャラリーでの隔年の個展がスタートです。
個展は大変ですけど、作品を振り返り、また新たなスタートラインに立たせてくれます。

2014年の夏

IMG_1506.jpg
個展のための釉掛けを終えて、明日はRF焼成。
炭酸水をまとめ買い。今年の夏はこれで生きている。::::::<s.pellegrino> ITALY

朝日新聞

preview_20140704080953285.jpg

小泉満惠 磁器作品展

2014さいとう
みつえDM

2年ぶりの個展です。
白磁、染付けに加え、新作を展示します。

クラフトで乾杯! 作品展

img-622185131-0001.jpg
img-622185131-0002.jpg

可愛らしく盛りつけていただき、華やかなリーフレットが出来上がりました。

<乾杯:::::>という公募

IMG_1194.jpg
IMG_1193 2

<乾杯を愉しむ公募展 クラフトで乾杯!>という公募展で、思いがけず受賞を戴き、ビックリしています。
「galaxy vol 1」がグランプリ賞、「galaxy vol 2」が入選をさせていただきました。
ともに、手捻り作品でオリジナル釉薬をvol 1は還元焼成、vol 2は酸化焼成をしました。

フリル

IMG_1164.jpg
久しぶりに、フリル鉢を作った。豆鉢から、中鉢など。
華やかな気分にさせられる。心が解禁されて、自由に作陶できているのは幸せなこと。

カップ

IMG_0408_convert_20140203054822.jpg
これには、2年前に作ったマット釉を掛ける予定。ネーミングは<クォーツ>。少しでも溜まりが出来ると、貫入が入るので、気を使う。

再生土

IMG_1116_convert_20140201100029_20140201100607852.jpg

いろいろな事情で再生不可になった磁器土はオブジェの材料に。
たくさん貯まってきたから、アートのイメージを膨らます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。